ご予約の前に予約状況をご覧ください

鍼灸治療・マッサージ・指圧 ・鍼灸保険治療・南大塚鍼灸治療院

更新日    人目の訪問者様です。


ご案内

トップページ
院長自己紹介
ご案内地図
マピオン地図
現在の予約状況
施術料金表
治療について
健康保険治療について
医療費控除について
豊島区機能回復受術券
掲示板
メールはこちら
感謝状


症状別メニュー

症状別治療コース
摂食障害の方へ
交通事故の治療
妊婦さんの鍼灸・マッサージ治療
足裏マッサージコース
鍼灸の効能


おすすめメニュー

おすすめ医療・治療関係
院長おすすめ芸能情報
院長おすすめのお店
おすすめ建築関係
院長おすすめリンク集
豊島遊泳会障害者(児)と共に水泳を楽しむ会
院長おすすめの本
アマチュア無線
新宿区アマチュア無線災害情報協力会

南大塚鍼灸治療院別館


激安通販



初めて鍼灸治療を受ける方へ
鍼灸(はり・きゅう)Q&A

南大塚鍼灸治療院サイト内検索

 


Q・健康保険で鍼灸治療を受けたいのですが…

鍼・灸・マッサージ健康保険治療を受けたい方はこちら⇒GO


Q・鍼(はり)って痛くないですか?

Aほとんど痛みはありません。

まったく痛くないと言うことはありませんが、熟練した鍼灸師であれば、刺した時の痛みはほとんどありません。

むしろ部位によってはとても気持ちがよいものです。

鍼って思っていたより痛くないのですね!と言われる患者さんがほとんどです。


施術に使用する鍼は、細いステンレス製の鍼です。長さ約40mm〜80mm、太さ直径0.17mm〜0.33mmを経穴(ツボ)に刺入します。

「はり」は自然治癒力を活かした身体と自然にやさしい治療法です。

刺入した鍼に、微弱な低周波パルスを通電する、
パルスジェネレーターによる鍼電極刺激療法もしています。

パルスジェネレーターパルスジェネレーター

鍼電極刺激療法は、こんな症状の方に!
スポーツ障害性の慢性的な腰痛、肩の痛みや筋肉のコリ・末梢神経マヒ・疲れ・神経痛・筋肉痛・血行不良・ギックリ腰による痛み・寝違えなどの治療に効果があります。是非一度お試し下さい


 Q・灸って熱くないですか?

A・出来るだけ皮膚の火傷を最小限にして、熱さを調節して施灸いたします。火傷の痕がのこるのでは?すごく熱いのでは?と言う方がおられますが、火傷の心配はありません。

●南大塚鍼灸治療院では・・・
皮膚に直接艾(もぐさ)をのせずに、艾と皮膚の間に薄く切った生姜を置き、お線香で艾に点火します。間接灸の生姜灸と灸頭鍼での施術法で治療いたします。

体調や皮膚の状態などにより艾(もぐさ)の大きさや熱さの調節をいたします。数mmの厚さに切った生姜の上に艾をのせ火をつけます。熱く感じた時に取り除きます、生姜から出るエキスの効果で患部が温まります。とっても気持ちの良いものです。

きゅうは、自然治癒力を活かした身体と自然にやさしい治療法です。

●こんな症状の方に!
「肩が凝る」「腰が痛い」などの体の不調でお悩みの方は、新陳代謝を活発にして、保温効果にすぐれた生姜灸は、風邪・腹痛・腰痛、膝の痛み、五十肩、下痢、軟便、疲労回復、胃弱、テニス肘、冷え性、夜尿症に効果があります。是非一度お試し下さい。

 
冷え性などは男性にも増えています。
末梢の循環障害を改善しましょう。

※南大塚鍼灸治療院では、国産の艾(もぐさ)を使用しております。


Q・鍼(はり)の衛生対策は?

A・南大塚鍼灸治療院では、使い捨ての鍼(ディスポーザブル鍼)を使用しております。

信頼できる
セイリン株式会社製の鍼、円皮鍼を使っています。エチレンオキサイトガス滅菌済みディスポーザブル、1回限り使用して廃棄処分にしますので安心です。

詳しくは下記セイリン株式会社ホームページをご覧下さい。
http://www.seirin.tv/list.needles_1_1_1.htm

手指、器具の消毒は充分に行っております、感染症の心配はありません。時に鍼を刺した場所が内出血を起こすことがありますが、1〜2週間程度で自然に消えてしまいます、身体への悪影響はありません。


Q・電気通電治療(パルス)について

パルスジェネレーター
A・スポーツ障害性の
慢性的な腰痛、肩の痛み、肩関節の痛み、坐骨神経痛、ギックリ腰による痛み、寝違えなどの治療に電気通電治療は効果があります。是非一度お試し下さい。


耳鍼痩身療法(耳ツボ痩身法)

肥満を解消しませんか?

●食事制限はしなくていい。

●自然に食欲が落ちて、食べながらやせることができる。

●ウエストやお腹からやせていきます。

●健康になって太りにくい体質になる。リバウンドがない。

※体質や食生活によって、効果には個人差があります。


鍼灸治療について

鍼灸治療の効果には患者さんの刺激に対する感受性や反応する力によっても違います。

患者さんによっては治療後に身体がだるくなる症状が出ることがありますが、これは鍼の刺激に過剰に反応して起るものです。1〜2日で身体が楽になりますので問題はありません。


ご注意事項

経過を見ながら患者さんにあった治療をいたします。
禁忌症、悪性腫瘍、出血性疾患、金属アレルギー(ステンレス成分)がある方は治療をお断りいたします。

鍼灸療法の効能・効果・有効性

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気(病名)

脳卒中後遺症 偏頭痛 頭痛
顔面神経麻痺 各種神経痛 末梢神経疾患
胃炎 腸炎 胃下垂
胃酸過多 食道噴門痙攣 横隔膜痙攣
十二指腸潰瘍 便秘 下痢
麻痺性イレウス 腰痛 頚腕症候群
肩関節周囲炎 慢性関節リウマチ テニス肘
各関節炎 五十肩 頚椎捻挫後遺症
感冒 気管支炎 気管支喘息
夜尿症 小児喘息 急性結膜炎
中心性網膜炎 メニェール氏病 白内障
近視 鼻炎 副鼻腔炎
扁頭炎    
NIH (米国 国立衛生研究所)が効果について有効であると認めました。

鍼灸治療の効果がある疾患

神経系疾患 消化器疾患 運動器疾患
循環器疾患 呼吸器疾患 泌尿器疾患
内分泌疾患 外科疾患 婦人科疾患
耳鼻科疾患 皮膚科疾患 小児疾患

WHO(世界保健機関)資料より


鍼電極刺激療法は、こんな症状の方に!

末梢神経麻痺 疲れ
神経痛 筋肉痛
ギックリ腰による痛み 血行不良
寝違え スポーツ障害性の筋肉のコリ
スポーツ障害性の慢性的な腰痛、肩の痛み

灸治療はこんな症状の方に!
身体の不調でお悩みの方は新陳代謝を活発にして保温効果にすぐれた生姜灸を!

肩が凝る 腰が痛い 風邪
腹痛 腰痛 膝の痛み
五十肩 下痢 軟便
疲労回復 胃弱 テニス肘
冷え性 夜尿症  

はり・きゅうの効能と適応症
●医道の日本社「鍼灸理論」より引用させて頂きました。

鍼施術の治療的作用

鍼施術の治療的作用とは、生体の組織、器官の機能異常を調節し、本来の生理的な状態に回復させる作用であり疾病の状態と治療目的により、次の諸作用に分ける。
1、整腸作用
組織、器官に一定の刺激を与えて、その機能を調整する作用である。
a. 鎮静作用
疹痛や痙攣のように異常に機能が亢進している疾患に対して、鎮静させる作用である。
b. 興奮作用
知覚の鈍麻、消失あるいは運動麻痺のような神経機能の減弱および内臓諸器官の機能減退に対して、興奮させる作用がある。
2、誘導作用
患部に直接刺鍼するか、またはこれより遠隔部位に刺鍼して、その部の血管に影響を及ぼし、充血をおこし、患部の血量を調整するものとがある。
a. 患部誘導法
局所の血行障害に対し直接その患部に施術して血流を他の健康部から誘導する作用である。
b. 健部誘導法
局所の充血または炎症などの際に、その部位より少々隔たった部に刺鍼し、血液をそちらに誘導し、患部の血量を調整する作用である。

3、反射作用
生体の有する反射機転を介して、組織、器官の機能を亢進あるいは抑制する作用である。

4、その他の作用

a. 消炎作用
施術により白血球は増加し、施術部位に遊走する。またリンパ系賦活により病的滲出物などの吸収を促進させ、生体の防衛能力を高める作用である。
b. 防衛作用
網内系機能を高めて、白血球などを増加させて、また免疫能を高めて、各疾患の治癒機能を促進させ、生体の防衛能力を高める作用である。
c. 転調作用
自律神経失調症やアレルギー体質を改善して、体質を強壮にする作用である。

鍼施術の適応症

適応症とは、鍼施術により治療効果の顕著な疾病または症候をいう。下記の疾病、症候は必ずしも治療機序が明確でないものの、臨床経験に基づいて鍼施術が適応するとされるものである。
1,神経系の疾患
各種神経痛、神経麻痺、神経症、自律神経失調症、脳卒中の後遺症、不眠症、頭痛など
2,感覚系の疾患
仮性近視、白内障、麦粒腫、眼精疲労、難聴など
3,運動系の疾患
各種変形性関節炎、リウマチ様関節炎、頸肩腕症候群、むち打ち症、五十肩、腰痛、肩凝り、捻挫、腱鞘炎など。
4,循環系の疾患
本態性高血圧症、動脈硬化症の諸症状など。
5,消化系の疾患
慢性の胃炎、慢性の腸炎、神経性消化不良、便秘、下痢、痔疾など。
6,呼吸系の疾患
気管支喘息、気管支炎、咽頭炎、喉頭炎、鼻炎、感冒、扁桃炎など。
7,泌尿系の疾患
膀胱炎、尿道炎など。
8,代謝疾患
脚気、痛風など。
9,小児科疾患
小児消化不良、小児の癇、夜尿症、夜鷲症など。
10,婦人科疾患
月経不順、月経痛、冷え性、更年期障害など。

灸施術の治療的作用

灸施術の治療的作用は鍼施術の治療的作用と同様であり
・整腸作用
・誘導作用
・反射作用
・その他の作用
に分けられるが、特に灸の血液像(赤血球、血色素量など)血液凝固時間の短縮、あるいは循環系に対する作用が認められ、増血作用、止血作用、強心効果などがある。


リンクについて
●当ホームページへのリンクは自由です。
●リンクはトップページにお願い致します。 アドレスは
http://shinkyu-chiryouin.com/です。
●テキストリンクの場合のコメントはお任せ致します。
●友人・知人への紹介のメールやBBSにTOPページのURLを貼って頂いても結構です。

リンク用バナー
東京都豊島区南大塚 南大塚鍼灸治療院
(4,721 バイト)


南大塚鍼灸治療院TOPへ戻る

南大塚鍼灸治療院サイト内検索

 


Copyright c 2004 南大塚鍼灸治療院 All rights reserved.